お元気ですか?健康のはなし

生きていく為には働かなくてはなりません。
働くためには健康でなければなりません。
そして、私たちはお客様の大切な命を運ぶ仕事をしています。
お客様を安全に安心して目的地へお送りするためには、常に健康に留意しなくてはなりません。
 
健康への意識を高めていただくために、食事のことや、生活に潜む危険など、さまざまなテーマを取り上げていきます。

健康でありつづけるために

健康の意識を高めていただくために、食事のことや、普段の生活に潜む危険など、さまざまなテーマを取り上げていきます。

冬場の危険なこと

ヒートショックとは

ヒートショックとは、温度差によって体がショック症状を起こすことです。
ヒートショックが起こりやすいのは冬場のトイレや浴室のように温度差がある場所です。
 
暖かい布団の中から寒い洗面所で倒れる原因は、このヒートショックによるものがほとんどです。
冬の浴室はとても冷え切っています。寒いからと言っていきなり熱いシャワーを浴びたり、湯船に入ったりすると寒さで縮まっていた血管が膨張することになり、その結果血圧が急激に変化します。
 
このような短時間に激しい血圧の変動は、心臓や血管にかなりの負担をかけることになり、高齢者のかたや体が弱っている状態の人にとっては、心筋梗塞脳梗塞などのリスクが一気に高まります。

ヒートショックによる死亡の危険性

ヒートショックが原因で起こる心筋梗塞、脳梗塞、不整脈による死亡。
それだけではありません。血圧の急激な変化により意識が薄れ湯船に沈んでしまうことによる溺死や、失神による転倒で頭を強打するなどの死亡例もあります。

ヒートショックになりやすいタイプとは

高齢者のかた
高血圧症のかた
糖尿病のかた
コレステロール値の高いかた
 
上記にあてはまるかたは、特に注意が必要です。

ヒートショック対策として

体に感じる温度差をなくす工夫をしましょう。
 
脱衣所に暖房器具などを置き、入浴前に室温をあげておく。
 
入浴前に湯船のふたを開けておいたり、熱いシャワーを数分間出した状態にして、浴室を湯気で充満させる。
 
湯温をやや低めの41度くらいにする。
 
湯船にはいきなり入らず、掛け湯で足元から徐々に上へ向かって温め、湯船の温度に慣らしてから入る。
 
夕食後や晩酌後の入浴を避ける。
 
夜中や早朝に、寝床から洗面所へ行くときは、あらかじめ靴下を履いて寝る、上掛けを羽織るなどして温度差を少なくする。

最後までお読みくださってありがとうございました!

今日の健康に感謝して明日も元気にいきましょう!
 
 
 
 
衛生管理者・安全衛生委員会